FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/11 (Wed) 17:24
「国会議員と生トーク」のお知らせ

更新がだいぶ久しぶりになってしまいました・・・すみませんm(_ _)m

年の瀬も迫ってきて、慌ただしくなってきましたが、企画のお知らせです。
Baidu IME_2013-12-11_17-18-22小

「ホントはすごい!日本共産党 国会議員と生トーク」
12月23日(月祝)14:00~16:00
岡山医療生協会館コムコム3F
ゲスト:仁比そうへい参議院議員

青年のみなさんからの疑問・関心に仁比そうへいさんが答えます。仁比さんは、先日の強行採決された秘密保護法の採決の前に、唯一反対討論をした人です。
これからどうなるのか、どうしたらいいのかと思っている人はぜひ、参加してください。
ほかにも、雇用問題、TPP、憲法、ごく最近では、みんなの党から離党して野党再編なんてことも騒がれていますね。これをどう見たらいいのか、仁比さんにぜひ聞いてみてください。
スポンサーサイト

2013/05/02 (Thu) 12:36
被災地ボランティアへ行ってきます

 今日(5月2日)から5月6日まで、福島県へ被災地ボランティアへ行ってきます。民青同盟が4月19日から岩手県と福島県でボランティアセンターを立ち上げて、このゴールデンウィークまで活動しています。それに岡山から、学生や高校生など5人が参加します。
 現地では、仮設住宅へ支援物資を届けて要望などを聞き取って、できることがあればみんなで手伝います。また、聞き取った要望は、後日、自治体や国に届けるつもりです。
 行き帰りは車での移動なので、安全運転で事故のないように行ってきます!

2012/09/19 (Wed) 18:56
10月6~8日は全国学習交流集会in倉敷へ

民青岡山県委員会も一翼を担うイベントのお知らせです。


10月6日(土)~8日(月・祝)の3日間、倉敷市芸文館で、「全国学習交流集会in倉敷」という大イベン トが行われます。
 
主催は、労働者教育協会というところで、現地では、岡山県労働者学習協会が中心となって実行委員会をつくり準備をすすめています。
 
以下、 おおまかな日程は、
6日(土)は13時から全体会で、記念講演は客室乗務員の尾崎恵子さんが、「輝いて生きたい、仲間とともに」という テーマで、自分の生き方の変化をステキな切り口で、感動的に語られます。
 
2日目の7日(日)は、9時半から12時半 まで分科会があります。
①安保条約、②社会保障、③ジェンダー、④次世代育成、⑤労組青年部活動、⑥人間らしく働きたい、⑦労働学校、⑧ 『学習の友』、⑨ものの見方、⑩労働組合、という10のテーマから選んでご参加いただきます。
7日午後は、14時半から17時までオプショナル企画で、①マルクスを学ぼう、②労働組合活動の法則、③福島の声を聴く、④『資本論』学習交流会、⑤美観地区観光、となっていま す。
 
3日目の8日(月・祝)は、9時半から全体会で、記念講演は下関市立大学准教授の関野秀明さんが「現代政治の課題と『科学の目』」とい うテーマでお話され、すっきりとわかりやすく、いまの社会情勢を学ぶことができます。
 
なお、1日目・2日目とも、夜に大交流会を企画しています。 
3日間とも保育体制があります(事前予約必要)。
岡山県内の参加者は、1日の参加費は1000円です。2日間参加すれば2000円ということになります。 1日だけのスポット参加も大歓迎です。
 
2年にいちど行われる、学習運動の全国集会である「全国学習交流集会」が、来月、倉敷であるのです。全国の人たちと、がっつり学び、たっぷり交流できる3日間です。
 
「あつまれば、うまれる」「みんなでつくろう、でっかい感動」をキャッチコピーに、あわせて600名の参加をめざしています。
 
詳細な内容は、岡山県労働者学習協会 (TEL&FAX 0862323738)にお問い合わせいただくか、実行委員会の活動を知るには、「全国学習交流集会 倉敷」と検索すれば、ブログがあります(そこからメールも可能です)。
ぜひよろしくお願いいたします。 

2012/08/14 (Tue) 16:19
原水爆禁止世界大会の報告会します!

急なお知らせですが、8月4~6日に行ってきた原水爆禁止世界大会in広島の報告会をします。

8月19日(日)18時から、岡山医療生協会館コムコム(岡山市中区赤坂本町2ー20)にて。

参加は無料です。

お問い合わせは、民青同盟岡山県委員会まで。TEL086ー273ー1523もしくはMAIL oka-minsei@inter7.jp

2012/08/12 (Sun) 19:46
被災地支援ボランティア求む

 民青同盟は、東日本大震災以後、被災した岩手、宮城、福島の3県で「全国青年ボランティアセンター」を4回立ち上げて、全国からボランティアを受け入れて支援してきました。今回、第5次ボランティアセンターを福島県南相馬市に立ち上げることになりました。
 岡山からも、ボランティアに参加したいという青年がいれば、ぜひ一緒に行きたいと思います。
 以下、要項です。

全国青年ボランティアセンター@南相馬の活動について

今回のボランティアセンターは、地震や津波の被害に加え、原発事故が深刻な影響を及ぼしている福島県南相馬市で解説します。被災者によりそった支援をするとともに、原発事故の影響に苦しめられている実態にふれ、原発ゼロの日本への連帯を広げるきっかけにもします。

■全国青年ボランティアセンター開設期間
2012年8月21日~9月3日
*この期間のどこか数日の参加になります。

■ボランティアセンターの場所
福島県南相馬市原町区雫塔場下319-3 日本共産党南相馬市ボランティアセンター

■活動の概要
仮設住宅に救援物資を届け、要望を聞き、話し相手にもなります。4月に避難解除された地域では、時間が止まったままの状況もみられます。要望があれば片付けや泥だしも行います。とりくみは、民青同盟の相談相手でもある日本共産党と一緒に行います。

■放射線の状況
南相馬市の放射線量は、全体として福島市内より低く、飯館村の10分の1程度です。ボランティア活動にあたって、一定数の線量計を用意し、線量の高い地域では活動しません。そのうえで、心配な方がいれば、その判断を尊重して参加をひかえてもらいます。

参加にあたっての詳しい要項などは、お問い合わせ時にご説明します。「行きたいかも!」と思った青年は、

民青岡山県委員会
oka-minsei@inter7.jp

までメールでご連絡ください。

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。