--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/07/25 (Wed) 11:43
さようなら原発アクションを倉敷で!

DSC_0072.jpg

 原発再稼動反対の声を倉敷でもあげます!
「さようなら原発!!倉敷金曜アクション」が今週27日の金曜日、倉敷駅北側の倉敷みらい公園(アリオ倉敷の隣)で、18:00~から行われます。集会では、「原発はいらない」「再稼動反対」などの思いをリレートークで訴えたあと、駅前通りを美観地区方面へパレードをするそうです。
 手作りプラカードなどでそれぞれがアピールしながら参加しませんか~。
スポンサーサイト

2012/07/18 (Wed) 14:26
平和行進、岡山入り

平和行進兵庫県からの引継ぎ
兵庫県からやってきた行進団(黒い帽子が山口さん)

 7月16日、東京・夢の島を5月6日に出発した国民平和大行進が、いよいよ岡山へやってきました。
 お昼12時ごろに、兵庫県からやってきた行進団をお出迎え。東京から通しで歩いてこられた通し行進者の一人、山口逸郎さんは、なんと80歳!!今も元気に歩いています。負けてられませんねぇ。
出迎える岡山の行進団

 この日は、兵庫県との県境・寒河から備前市役所までを歩きました。沿道からは、手を振ってこちらのアピールに応えてくれる人もいて、励みになりました。

 岡山県内を11日間通して歩くのは、岡山県革新懇の事務局長・氏平長親さんで、30数年ほど前の民青同盟岡山県委員会の委員長をされていた方です。その頃も、民青同盟は全国各地で平和行進に参加し、沿道での被爆者救援カンパの訴えなどで、がんばっていました。山口逸郎さんがプロデューサーとして制作された平和行進のドキュメンタリー映画「歩く」でも、その活躍が紹介されています。

 21日(土)の早島町役場~倉敷市役所コースでは、青年デーとして、たくさんの青年でにぎやかに歩こうと呼びかけています。ぜひ多くのご参加を!

2012/07/18 (Wed) 13:54
仕事・恋愛・結婚について語り合う―岡山県母親大会

 7月15日は、就実大学を会場に岡山県母親大会が行われ、民青が「本音で語ろう―若者しゃべり場」分科会を担当しました。
母親大会若者しゃべり場分科会

 はじめに、問題提起として、岡山県労働組合会議の弓田盛樹さんと、Peace Piece おかやま事務局の谷口朋美さんから、働くこと、教育、恋愛、結婚というテーマで話をしてもらい、参加者どうし輪になって、意見や疑問などを出し合いました。
 しゃべり場では、問題提起の中で出された、「最近、大学の講義で『婚学』というものがある。講義室はいっぱいで、学生は真剣に授業を聞いている。」ということに対して、話が盛り上がりました。
 また、昔、青年だった(笑)人生のベテランの参加者からは、「結婚はぜひしてほしい。大変なこともあるけど、それでも結婚っていいなと思えるよ。」と、実体験を交えたアドバイスもありました。

 全体会では、マラソンの銀メダリスト・有森裕子さんが記念講演をしました。「あきらめるという感覚が自分にはない。一度ダメでも違う角度からものごとを見れば、可能性は見えてくる。」と話す活き活きとした有森さんが印象的でした。

2012/07/11 (Wed) 14:33
7月16日から「国民平和大行進」が岡山へ

 梅雨はいつまで続くんでしょうね・・・。
2012_flyer.jpg

さて、今月16日に、核兵器廃絶を訴えて、東京・夢の島を出発し広島を目指して歩く
「国民平和大行進」が岡山県入りをします。

 国民平和大行進は、“ノーモア・ヒロシマ!ノーモア・ナガサキ!”“核兵器のない世界を”と核兵器廃絶を訴えて、文字通り全国を歩く行進です。1958年6月に、被爆地広島から東京へ、1,000キロの道のりを歩く最初の平和行進が行われました。このときの参加者は、毎日2人、3人と増え続け、のべ100万人になりました。

 以来この半世紀以上、雨の日も風の日も毎年休まず行進は続けられ、いまではすべての都道府県と7割を超える自治体を通過し、毎年10万人が参加する国民的行動となっています。核兵器廃絶を願う人なら誰でも参加できる行動です。

 特に今、原発事故で放射能の恐ろしさに関心を持っている人も増えています。核兵器は放射能を拡散させることでは原発事故と同じものです。原発をなくしたいと思う人ともつながって訴えていきたいものです。

 民青同盟もこの取り組みに昔から参加し続けています。岡山県でも、毎年たくさんの青年が歩いています。ぜひ一緒に歩きましょう!


国民平和大行進 岡山県内日程

7月16日(月・祝) 寒河バス停12:00(兵庫県からの引継ぎ式)~備前市役所17:00

7月17日(火) 備前市役所9:00~岡山市東区役所17:00

7月18日(水) 岡山市東区役所9:00~岡山県庁15:50

7月19日(木) 岡山県庁9:30~岡山市役所14:40

7月20日(金) 岡山市役所9:00~早島町役場14:50

7月21日(土) 早島町役場9:00~倉敷市役所15:00

7月22日(日) 倉敷市役所9:00~船穂支所16:00

7月23日(月) 総社市山手支所8:45~真備支所15:45

7月24日(火) 船穂支所9:00~金光支所15:40

7月25日(水) 金光支所9:00~笠岡市役所15:40

7月26日(木) 笠岡市役所9:00~大津野石碑公園12:30(広島県へ引継ぎ式)

2012/07/02 (Mon) 18:52
岡山県母親大会のお知らせ

企画のお知らせです。
SH3G0336.jpg
岡山県母親大会
と き 7月15日(日)10時~15時30分
    午前-分科会 午後-全体会
ところ 就実大学・就実短期大学
    (岡山市中区西川原1-6-1)
    山陽本線西川原駅下車5分

記念講演 『一人ひとりが輝いて生きる明日のために』
    ―アスリートとして、カンボジアの子どもたち
       ・東日本大震災の被災者と共に―
講 師 有森 裕子 さん
     オリンピック女子マラソンで92年バルセロナ銀
     ・96年アトランタ銅メダリスト
     就実大学・就実短期大学客員教授
     ㈱ライツ 取締役就任
     NPO法人ハート・オブ・ゴールド代表理事
資料代 一般 700円 大学生・障害者 300円
保育所あります

青年のみなさんは、ぜひ①の若者のしゃべり場へご参加ください!
午前―分科会
①本音で語ろう、若者のしゃべり場
  ―教育、仕事、恋愛、結婚―
②老いじたくを考える
  健康、経済、相続、最後まで自分らしく
③平和と民主主義
  ―沖縄、憲法、ファシズム、低空飛行―
④原発ゼロ、自然エネルギーへの転換を

⑤見えてますか!子どもの心
  ―ネット社会、引きこもり、いじめ、暴力―
⑥絵手紙で心をつなごう

⑦草の根に広げよう母親運動

⑧TPPで食の安全はどうなる

⑨<シンポジウム>
  暮らし、消費税、介護、医療、年金
⑩楽しくあそんでふれあって、
   うちの子最高!
↓↓↓見学分科会(*事前申し込みが必要)
⑪三軒屋の弾薬庫とアニモミュージアム
        (有森裕子資料館)
⑫吉備津彦神社歴史ばなし

⑬御津産業廃棄物処分場の視察

主催 岡山県母親大会実行委員会・岡山市母親大会実行委員会
連絡先 岡山市北区下伊福西町1-53
 TEL/FAX086-280-2227
後援 岡山県・岡山市・岡山市教育委員会ほか

2012/07/01 (Sun) 17:42
キャンドルに平和の祈りを込めて

                    キャンドル全体
               入り口通路のハト

 6月29日は「岡山大空襲犠牲者2000人にとどけ!ピースキャンドル」が行われました。
会場は空襲で焼け残って現在まで残っている「岡山禁酒会館」の中庭で、約30人が参加しました。

                 空襲紙芝居
 はじめに、岡山大空襲の惨事を伝える紙芝居で当時の様子を伝えました。この空襲紙芝居は、空襲を体験した学校の先生たちが、それぞれの得手を活かして自分たちの体験をそのまま伝えるものとして作ったものだそうです。作り話ではなく、実話だけに、空襲の恐ろしさがより感じられました。また、紙芝居を担当した同盟員でもある青年は、詩の朗読を趣味でやっているだけに、とても臨場感があってよかったです。
 空襲体験談は、岡山市空襲平和資料館の館長である丸山亀雄さんが語ってくれました。丸山さんは、「自分の家は幸い残ったが、普段自宅からは見えるはずもない岡山駅が見えるほど、辺り一面焼け野が原になっていた。」「遺体で見つかった母子から、通帳が出てきた。そこに家族の一覧が当時は書かれていて、それを見て子どもが3歳だとわかった。その子が生きていたら、今は70歳。今日参加されている若い皆さんくらいの子どもか、孫もいたかもしれない。そう思うと戦争はたくさんの人の未来を奪うものだと思った。」と語っていたのが印象的でした。また、「岡山市は犠牲者を1737人と言っているが、役所の住民票もみんな焼けてしまって、どうやって数えたのか、1時間40分にも及ぶ長い空襲で燃え続けたなか、灰になってしまった遺体もあるだろうに、そう考えると2000人は超えているんじゃないかと思っている。」とも言っていました。企画のタイトルの2000人は、ここからきているんですね。

                 キャンドルに火をつける子ども
 キャンドルは参加者みんなで協力して並べ、「6.29」「ピースマーク」が暗闇に浮かび上がりました。黙祷と、集会アピールで平和への思いを誓った後、みんなで「戦争を知らない子供たち」を歌って和やかに終わりました。
 当日の様子は、8月4日にNHKで少し放送するそうです。岡山放送だけかもしれませんが・・・。

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。