--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/12/31 (Mon) 01:29
望年会でワイワイ

総選挙が終わり、「憲法を変える」「原発を推進する」「TPPに参加する」という青年の願いからは真っ向から反する、自民党が政権につきました。これからのたたかいで、青年の声を政治に届けて、無視できないような取り組みを一層しないといませんね。

DSC_0361.jpg

とりあえず、12月27日には、民青の事務所で、今年一年おつかれさまでした(v_v)ということで、望年会を開き、おいしい鍋をつつきながら、みんなでワイワイと盛り上がりましたヽ(^0^)ノ。
なかには、久々に民青に顔を出してくれた仲間もいて、企画した甲斐がありました(^_^)v。

今年ももう終わり。来年も元気いっぱいがんばっていきまーす(*゚▽゚)ノ
スポンサーサイト

2012/12/03 (Mon) 22:45
青年トーク集会で政治に言いたいことを交流

 12月2日は「私も言いたい!青年トーク集会」を、岡山市民会館で開催しました。

 最初に、国会でどんなことが話し合われているのか知ってもらうために、日本共産党の志位和夫委員長が、終業時間の間際に突然解雇を通知し「明日から来なくていい」と強引に解雇させる「ロックアウト解雇」が電機・情報産業で行われている実態を取り上げた国会質問を視聴しました。
 参加者からは、「初めて国会質問を見た。共産党が労働者のために一生懸命追及してくれているのがよくわかった。」「志位さん、カッコいいね!」という感想が出ていました。みなさんもぜひ一度見てみてくださいね~☆共産党のホームページで見れますよ☆

 次に、青年からの訴えで、「政治に言いたい」思いを話してもらいました。病院で働く労働者は、「病院は診療報酬によって収入を得ているから、消費税上げられても患者さんからはもらえない。でも必要な物品を買うときは消費税を払うので、年間で億単位の負担増になる。そうなると中小の病院はとてもやっていけない。増税はやめてほしい。」と訴えていました。また、「妹がメンタルで働けなくなり、収入がほとんどなく実家暮らしだけど、そんな弱い立場の人をちゃんと救ってくれる社会にしてほしい。」と話していました。
 そのほかにも、学校の先生の実態や、始めに見た国会質問に対して、政府が実態に向き合わない態度に対する怒りが出されていました。

垣内さん訴え
            垣内さんが訴え

 そして、日本共産党の政策を青年に知ってほしいということで、小選挙区の垣内雄一予定候補に党の政策を話してもらいました。原発のことで、中国地方の全世帯の1割にソーラーパネルが付けば、島根原発の発電量と同じくらいになるんだよという話が、具体的で、自然エネルギーへの転換のイメージが持ててよかったですね。また、地域の特性に合わせて日照時間が長いところは太陽光、山林が多いところはバイオマス、風がよく拭く日本海側は風力など、発電方法を考えて採用するというのも、いいなと思いました。
 それをするには早く原発を廃止にする決断をしないと、本腰が入りませんね。ぜひ、実現してほしい!

グループ発表2
       模造紙いっぱいに思いが書かれてます

 その後は、グループトークで、「政治に言いたいこと」を出し合って、言ったことを模造紙に書いていきました。そしてそれを各グループどんな意見が出たか発表してもらいました。
 出された意見は・・・「子どもを育てやすい社会に」「教職員の数を増やして」「食の安全を守るためにもTPPは反対」「困っている人に手を差しのべる政治を」「消費税増税やめて。そして消費税なくして」「若者の雇用ふやして」「1%の人が99%の人たちの運命を決めていいんか」・・・などなど、たくさーん出されました(*o*)

グループ発表1
       うちのグループはこんな意見がでました~

 参加者の感想には、「自分だけでなく、ほかの若い方も同じように今の政治に怒りを感じているんだということがわかってよかった」「どうすれば世の中が良くなるかを考えてみたい。自分にもできることがあればやってみたい」「国会質問をもっと多くの人に見てほしい」などなど、学び交流することで、元気になり、意欲がわいてきた人もいて、いい集会になりました。

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。