FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/12 (Sun) 19:46
被災地支援ボランティア求む

 民青同盟は、東日本大震災以後、被災した岩手、宮城、福島の3県で「全国青年ボランティアセンター」を4回立ち上げて、全国からボランティアを受け入れて支援してきました。今回、第5次ボランティアセンターを福島県南相馬市に立ち上げることになりました。
 岡山からも、ボランティアに参加したいという青年がいれば、ぜひ一緒に行きたいと思います。
 以下、要項です。

全国青年ボランティアセンター@南相馬の活動について

今回のボランティアセンターは、地震や津波の被害に加え、原発事故が深刻な影響を及ぼしている福島県南相馬市で解説します。被災者によりそった支援をするとともに、原発事故の影響に苦しめられている実態にふれ、原発ゼロの日本への連帯を広げるきっかけにもします。

■全国青年ボランティアセンター開設期間
2012年8月21日~9月3日
*この期間のどこか数日の参加になります。

■ボランティアセンターの場所
福島県南相馬市原町区雫塔場下319-3 日本共産党南相馬市ボランティアセンター

■活動の概要
仮設住宅に救援物資を届け、要望を聞き、話し相手にもなります。4月に避難解除された地域では、時間が止まったままの状況もみられます。要望があれば片付けや泥だしも行います。とりくみは、民青同盟の相談相手でもある日本共産党と一緒に行います。

■放射線の状況
南相馬市の放射線量は、全体として福島市内より低く、飯館村の10分の1程度です。ボランティア活動にあたって、一定数の線量計を用意し、線量の高い地域では活動しません。そのうえで、心配な方がいれば、その判断を尊重して参加をひかえてもらいます。

参加にあたっての詳しい要項などは、お問い合わせ時にご説明します。「行きたいかも!」と思った青年は、

民青岡山県委員会
oka-minsei@inter7.jp

までメールでご連絡ください。
スポンサーサイト

<< 原水爆禁止世界大会の報告会します! | ホーム | 原水爆禁止世界大会in広島へ行ってきました >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。